フレンチブル 子犬の皮膚病 

フレンチブルの子は、皮膚の弱い子が多いです。
ティアラちゃんも、生後一年くらいして、
だんたん皮膚の調子が悪くなってきました。
ただひどい炎症をおこすほどではないのですが、
前もって漢方で体質改善をはかりました。
最低量の投薬で、皮膚の調子もよくなり、脱毛もへりました。
もう漢方をやめても大丈夫な体質に改善されました。
ただ、風をだしているドライヤーにかみつくことだけは
治りません。(むしろ悪化しています)
Photo

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com