フレンチブルの皮膚病が心配で

フレンチブルのみみちゃんは、皮膚病でステロイドを飲んでいた時も
あったようで、皮膚が心配なので来院されました。
初めて診察したときには、まったく皮膚病変もありませんでしたので、
漢方治療もしないで様子をみてもらいました。
しかし、3ヶ月ほどして、この暑さで、指の間や脇の下が、赤くなってきましたので、
漢方治療を始めました。
犬種によっては、予防的に漢方をしておいたほうが良い場合もありますね。
最初に漢方を飲ませておけば、こうならなかったのにと反省してます。
1001

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com