幼いフレンチブルの皮膚病

フレンチブルのあんみつちゃんは、まだ生後6ヶ月。
生後4ヶ月でまたのところに膿皮がではじめて、
すぐ漢方治療にはいりました。
いまではすっかり皮膚の調子も良いですし、
若いので体質も改善がおわっていると思います。
フレンチブルなどは若くして皮膚病になる子が多いのですが、
早めに、きちんと漢方で体質改善すれば、すぐ治りますし、
再発を防ぐことができます!

828

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com