猫の好酸球性肉芽腫(アトピー)の漢方薬治療

猫のレオンちゃんは、ワクチンをうってから、背中の毛がぬけてしまったり、皮膚の慢性的な炎症に悩まれていました。ワクチンのアレルギーから皮膚病がおこるということは、免疫力に弱いところがあると考えられますので、漢方薬で、免疫力をあげながら、皮膚の炎症を抑えていく方法がよいと思います。漢方薬治療を始めて4ヶ月たちますが、経過は良好で、ワクチンを先日打っても、もう何も問題はありませんでした。皮膚も少し耳のところに炎症が残りますが、掻き壊すこともなく、安心してみてられるようになりました。

犬猫のアトピー性皮膚炎の漢方薬治療ならハルペッツクリニック東京

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com