目の角膜潰瘍、なかなか治らない傷の漢方治療(SCCEDs)

7歳のチワワのマーブルちゃんは、目の角膜に傷ができて、それが目薬などで治療しても1月以上治らず、突発性慢性角膜上皮欠損(SCCEDs)ということで、手術をする予定でした。が、手術をする前に漢方薬を試してみようと来院されました。一月後で、傷が小さくなり、3ヶ月で完治しました。

目の角膜の傷や潰瘍は、眼の免疫力が弱いからできてしまうことが多く、漢方薬で免疫力をあげると、早く治る(完治する)ことが多いです。

来院時の傷(緑のフルオロ染色が傷、潰瘍です)

一ヵ月後の染色状態

3ヶ月後は染色されるものはなく、傷はいえています。

ご機嫌です!

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com