月: 2009年6月

ふりむきざま

トイプードルのベリーちゃんは
ひざが弱くて、お薬をのんでいますが、
普段はおとなしくしていますので、大丈夫です。
トリミングもおとなしくさせてくれます。
Photo

嘔吐

ダックスのティアラちゃんは、
よく嘔吐します。
ふだんは黄色い胃液のようなものを朝方はく
程度でしたが、
昨日は、半日前に食べたものが、そのままでてきました。
これは胃がよわっているようですので、
漢方で胃を健やかにしてあげましょう。
Photo

無病息災

ダックスのシオンちゃんは
今年一年元気で、一度も病気せずすごせました。
この調子でホテルとトリミングにだけいらしてください。
Photo

白内緒と脂漏性皮膚炎

シーズーのロンちゃんは13才になりました。
アトピー性皮膚炎だったりアカラスだったりといわれ
長らく皮膚病の処置をつづけてきましたが、なかなか治らなかったそうです。
今は当病院にて、漢方治療中ですが、
ずいぶん皮膚の脂漏も管理できるようになりました。
片方の目は緑内障のため萎縮してしまったそうですが、
もう片方の目は白内障が進行していたので、
今内服薬で治療中です。
人間の眼医者に聞きましたところ、
外科手術が確立されていて、
そのような内服薬をだすことはないといいますが、
なんとか残された片ほうの目の白内障の進行をとめることができればとの思いです。

Photo

おとなしくなりました

ハロちゃんは、
怒ると飼い主さんをかんだりして、
困ってました。
そこで、かまれても被害が少なくなるように
歯をけずって丸めました。
すると、不思議なことにすっかり
おとなしくなりました。
おとなしくトリミングされた後です。
Photo

これからの季節は丸刈りがおすすめ

いよいよ梅雨をむかえる頃になりました。
暑くてじめじめした時期で、皮膚病もふえてきます。
コーギーのアユちゃんと、ナビちゃん。
この季節には、毎年きれいに丸刈りにします。
もとは脂漏からわきの下が真っ赤になる子なのですが、
漢方治療もしてだいぶよくなりました。
ただ、やはり夏の毛は短くがいいですよ。
Photo

毛の色が変わることがあります

半年前にはアトピー性皮膚炎でかいかいだった
トイプードルのななちゃんです。
皮膚病もすっかりなおって、毛もふさふさになりました。
ただ、以前の毛とは毛の色がすこしかわり、
濃い色になりました。
漢方で体質が変わると、よくそういうことがおこります。
005

慢性の下痢

ビーグルのコジロウちゃんは、
慢性の下痢で1年近くお困りでした。
胃がいたくて、祈るようなポーズをなんどもしていたそうです。
でも当病院にきたら、漢方で、すぐよくなりました。
消化器系の慢性疾患には、よく漢方がききます。
Photo

おめかししました

おめかした後のすましたジャックちゃん。
Photo

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com