月: 2009年9月

ネコの乳腺腫瘍

チビちゃんは8歳くらいで、乳腺に多数の腫瘍ができてきました。
漢方治療して3ヶ月、腫瘍がさわってわからないくらいに
なりました。ただ再発がこわいので、このまま
しばらく漢方治療をつづけましょう!
703

お口直し

全く病気とは関係ないですが、
トリミング後のチョコちゃんの笑顔です。
Photo

フレンチブルの皮膚病

フレンチブルのジョンくんは、
満面の笑みで、ご機嫌です。
2年前にはアトピー性の皮膚病でステロイドを常用していましたが、
当病院にきて、漢方治療して3ヶ月ほどで、治りました。
漢方もやめて一年半ほどたちましたが、
少し陰部近くに、赤い湿疹がでましたので、また少しの間、漢方を飲ませましょう!
あとは、怒るときれてこわいので、去勢をおすすめします!
Photo

シーズーの皮膚病

シーズーのモモちゃんは、もう11歳です。
昔から脂漏症という身体がべたつき、
臭いがでてしまう皮膚病でした。
目もドライアイで乾いていて、お困りでした。
ただステロイドの治療はしていなかったそうです。
ご高齢にもかかわらず、漢方治療をして
一ヶ月で皮膚病の臭いもおちつき、目も潤いをもつようになりました。
700

ラブラドールの耳血腫

ゴールデンやラブラドールなどのレトリーバーという犬種には
耳がかゆくてかゆくて、しまいにはれ上がってしまう耳血腫という病気があります。
これはなかなか繰り返す病気で、
ラブラドールのマロンちゃんも以前、ほかの病院で手術までしても
また再発してお困りでした。

耳の外用薬と漢方で治療して、耳のほうはすっかりおさまりました。
まだ身体にかゆいところがあるので、もう少しそちらの治療をしますよ。

744

元気だにゃー

メイちゃんは、やさしい飼い主さんに拾われました。
すぐに身体も洗い、耳も掃除して、
虫下しものませ、予防のワクチンもして、元気にすくすくと
育っています。
子猫を拾われた場合は、きちんと予防をしましょう!
5493

トリミング

マルチーズのチャッピーちゃんは、
若くみえますが、もうすぐ8歳です。
心臓も少しわるくなってきました。
今日は、トリミングで、さっぱりしました。Photo

今日は病気ではないです

トイプードルのハニーちゃんは、
お腹がいたくなることが多く、
漢方治療しているのですが、
今日は、トリミングでした。
なんとも高貴なワンちゃんです。
Photo

しつけの時期

柴犬のタロウちゃんは、
五ヶ月ではじめてのシャンプーをしました。
爪をきられるのも、シャワーをかけられるのも
とっても大げさに泣き暴れしてました。
今は、しつけの時期ですので、
しっかりなれるようにしなければいけません。
とにかくとっても活発なタロウちゃんでした。
749

つきそい

私たちは、病気ではありませんが、
同居のワンちゃんの病気が心配で
つきそいでやってきました。
Photo

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com