月: 2009年10月

シュナウザーの皮膚病

ミニチュア シュナウザーのラフちゃんとバニラちゃんは、
背中にかさぶたができる皮膚病(膿皮症)が
何度も再発して困ってました。
皮膚の検査といって、いろんな細菌とかを検査されても
なかなか治らなかったそうです。
漢方で治療すると、一ヶ月で、きれいになりました。
今は、また再発しないように、漢方をもう少し飲んで、体質を改善しています!
7581

7582

フレンチブルの皮膚病

フレンチブルのマイロちゃんはまだ生後8ヶ月の
おこちゃまです。
でももう皮膚病がでてきたみたいで、生後4ヶ月くらいから
他の病院でステロイド治療をしていました。
当病院にきて脱ステロイドして、一か月ほど漢方治療して、
もうほとんど皮膚をかくことはなくなりました。
やはり若い子は、悪くなるのも早いですが、
治るのも早いです。
ここのまま体質改善までもっていきましょう!
Photo

冬季 午後の営業時間の変更

一日一日と日も短くなってきました。
そこで、11月から2月までの間
午後の営業時間を30分早めます。
午後4時から午後7時となりますので、
よろしくお願いします。

手足先の皮膚病

ビーグルのどんべえちゃんは、
前足の先がパンパンに腫れて、ずっと包帯がとれず
一年以上もステロイド治療をうけていたそうです。
780

当病院にきて漢方治療しましたら、2週間で腫れもひき
包帯はとれました。
3ヶ月たちましたが、指の間に赤みがまだ残ります。
もう少し漢方治療をつづけて、足先をまったく
気にしなくなるようにしたいですね。
Photo

初体験

トイプードルのくるみちゃんの
初トリミング後は、いい感じです。
Photo

ワイマラナーの皮膚病

ワイマラナーという珍しい犬種のくーちゃん。
体のブツブツが気になって来ました。
ちょっとした皮膚炎でしたので、漢方治療しました。
2週間で治ったので、薬をやめたのですが、
2ヶ月たったらまた再発しました。
体質を改善するには、治ってからも
少しの間続けて治療したほうがよいでしょうね。
808

何の犬種?

さてプーちゃんの犬種は何でしょう?
738

ポメラニアンに見えますが、コーギーです。
まだ子供だからわかりませんね。

秋の運動会

Mダックスのヴィヴィ(脂肪織炎で漢方治療中)とジュジュちゃんは
2匹で何かにむかって徒競走です。
003

ジュジュちゃんの勝ちです!
002

trance veil

はや10月、芸術の秋となりました。
当病院のシンボル猫を作製してくれた芸術家の藤原隆洋先生の
新作、trance veil がカナダの芸術祭で展示されました。
日本での展示が待ちどおしいです。
001
002

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com