月: 2010年10月

外耳炎(or 耳血腫)と皮膚病

外耳炎は、体の皮膚病と同じメカニズムでおこることが多いです。
とくに慢性の場合は、耳の病気というよりは、
皮膚病であるとして漢方治療すべきことがほとんどです。
(中耳、内耳の炎症はまた別ですが)
耳血腫といって、耳が赤く腫れてしまう場合も、
アトピーなどと同じ皮膚病として漢方治療すれば、よくなります。
ラブラドールのメルシーちゃんも、耳がダンボのように腫れて厚みを増してしまいましたが、漢方治療で、(実は精神治療も含む)すっかり耳はよくなりました。

ただ、まだ精神的な要因からくる皮膚病が完治していないので、治療中です。が、飼い主さまが精神的な要因があることを認識され、行動にうつされたので、よくなりつつあります。

581

コーギーの皮膚アレルギー

コーギーのクッキーちゃんは、5歳です。
背中の皮膚病がなかなかなおらず、
前の病院でアトピー性皮膚炎といわれ、毎日ステロイドを飲んでいましたが、
お腹がでてきて、多飲多尿という症状が見られてきたので、
心配になって漢方治療にこられました。(糖尿病が心配でした)
途中で、チキンのごはんアレルギーがあったり、
季節性の花粉のアレルギーがあったりして、時折皮膚病がでたりしていたのですが、
9ヶ月たってようやくきれいになりました。
最近、植物の花粉でかゆみが突然でたりしたのですが、
ステロイドを使わなくても、体質が改善した今は、
そういう時でも抗ヒスタミン剤で
十分よくなります。
Photo

かゆみのない皮膚病

ポメラニアンのてんまるちゃんは、生後五ヶ月で
部分的に毛がうすくなってきました。
かゆみのない場合は、代謝性のホルモンに異常があることが多く、
ホルモンの治療に、発毛を促すよう漢方を加えて治療しました。
若いのですぐ1ヶ月くらいでなおりました。
1050

なおりにくい膀胱炎

スコテッシュホールドのマオちゃんは、

まだ3歳くらいですが、膀胱炎で漢方治療しています。

やはりこの子の膀胱炎も抗生物質に反応血尿をしません。

血尿をともなうものですが、膀胱の肥厚もなく、

頻尿などの症状もなく、元気食欲旺盛です。

漢方のみで潜血反応はみられなくなりましたが、

まだ慎重に漢方の量を減らしながらも継続しています。

元気いっぱいのまおちゃん。

Photo

難治性の膀胱炎

ジュレちゃんは、膀胱炎で漢方治療をしています。
ただこの膀胱炎は抗生物質に反応しない、
つまり、細菌感染が原因ではない、膀胱内細胞の炎症のようでして、
なかなか治すのが難しいタイプの膀胱炎です。
(普通の膀胱炎なら抗生物質だけで治療できます)
そして、尿に潜血がともなうので、膀胱内皮の腫瘍の可能性もあります。
漢方で潜血をおさえながら治療していますが、
漢方を減らすとまた潜血がでてくるので、厄介ではあります。
ただ元気、食欲は常に旺盛で、頻尿などの膀胱炎の症状は全くないので、
その点は安心です。
あとステロイドと違い、長期に飲ませても
体に悪い副作用はないので、あせらず治療しています。
Photo

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com