月: 2010年12月

猫の慢性皮膚病;好酸球性肉芽腫(猫のアトピー) 

6歳のQooちゃんは、長年、皮膚病(好酸球性肉芽腫、アトピー)をわずらっていて、治療にはずっとステロイドを使ってきました。血液検査で肝臓の数値が高くなったので、心配になりこの8月にハルペッツクリニックに来院されました。

お腹や後ろ足をなめて、真っ赤になり毛がなくなっています。さらにフケも多く、毛もぱさついていて、かわいそうでした。ステロイドをやめて、漢方薬で治療をはじめ3ヶ月で、かゆみも低下し、毛並みも改善し、フケもほとんどなくなり、なにより正常な元気がでてきたことを飼い主さんはよろこんでくれてます。(ステロイドの長期投与でのへんな元気は見ていて心配になります) のこった痒みは、精神的な要因を考慮しながら、漢方治療を継続しています。

アトピー、アレルギー、外耳炎が2年つづきました

シェルティのアレックスちゃんは、6歳です。

アトピー、アレルギーといわれ、外耳炎が2-3年間治らないで困っていました。そこで当病院にこられ、外耳処置以外に漢方薬を処方し、1ヶ月ほどで治りました。3ヶ月程漢方薬をつづけ、一度止めました。1年経過し、また少し外耳炎をおこしたので、2週間漢方薬で治療しました。また良くなりましたが、今回は再発が怖いので、もう少し長く漢方薬を飲み続けることにしました。体質が完全に変わるのは、なかなか時間がかかることがあります。でも、ある程度いい状態にまで体質をもっていければ、アレックスちゃんのように皮膚病が出たときだけ、短い間、漢方薬で治療するという方法もありますよ。

肥満細胞腫 (悪性腫瘍) その2

9歳になるファラオハウンドのナイルちゃん。

首の所にできたできものをとって病理検査したら、悪性の肥満細胞腫であることが分かりました。やはり年齢のこともあり、漢方薬治療に興味をもち、和歌山県から来てくれました。

はじめの2,3ヶ月はまた違うところにできものができたりして、心配しましたが、漢方薬の量もきまり、1年3ヶ月ほどたった今は、体調もよく再発もなく、いい感じです。

ただとてもめずらしい品種ですし、年齢のこともありますので、他の病気も含めて注意していかないといけないので、お近くの動物病院とうまく関係をもちながら、漢方薬を飲んでもらっています。

肥満細胞腫の犬 悪性腫瘍

13歳になる雑種のあいちゃん。

3月に、他院で、ふともものできもの一部を検査したら、悪性腫瘍である肥満細胞腫であることが分かり、他にも腫瘍があるので、すぐ抗がん剤治療をすすめられました。が、年齢の心配もあって、当病院の漢方薬による治療に興味をもち、来院されました。すると、心臓もかなり悪く、薬が必要であることもわかりましたので、腫瘍には漢方薬を、心臓には血圧をおとす西洋薬を、という方針で治療することにしました。

先週診ましたが、腫瘍のほうも大きくなっておらす、心臓も維持状態で、体調もよく、元気にしていますので、安心しました。よい新年を迎えることができると思います。

いつもご機嫌

ダックスのジャックちゃんは、いつも最高の笑顔で迎えてくれます。

でもそのままうれしくておしっこしてまうことがあるので、トリミングの後はよろこばせないようにわざとそっけなくしています。

柴犬-耳血腫 皮膚病 ストレスも  

柴犬のまめちゃんは、とても若く見えるのですが、実はもう10歳です。
耳がかゆくて、耳の穴が見れないくらい腫れて、耳血腫になったり、
陰部が黒くなり、お腹とともにかゆみがでる慢性の皮膚病になったりと困りました。
そこで、抗生剤とホルモン剤という西洋医学の治療に加えて、漢方薬を用いて治療しました。実は結構な甘えん坊さんで、皮膚病の再発を防ぐのに、いまだに、精神的ストレスを軽減する漢方薬が必要なのは、困ったものです。
とっても無邪気でかわいいまめちゃん。

シーズーのアトピー皮膚病 ドライアイ

10歳以上(不明)のシーズーのニカちゃんは、
アトピーといわれ、ながらく皮膚病(かゆみ、脱毛、体臭、ふけ)に悩んでいました。
前の病院ではアレルギー用フードをだしてもらっていましたが、一向に治りませんでした。
もちろんステロイドも使いました。
(ただステロイドは怖かったようで、この半年の間飲ませなかったそうです)
慢性のドライアイにもなっていて、免疫抑制剤の高価な目薬がかかせません。
そこで、看護婦さんである飼い主さんが、漢方薬治療を試したいということで、
ハルペッツクリニックに来院されました。
2週間で、かゆみや赤み、そしてフケも低下しました。
3ヶ月で全身の発毛も良好になり、ドライアイもずいぶん改善され、うるおいのある瞳になりました。あとは、高齢な子に多いのですが、脂漏がすこしのこっているので、
もう少し漢方薬を飲んでもらっています。
治療後(4ヶ月後)のニカちゃん
002

ちなみに治療前のニカちゃん (瞳も白く乾いています)
Photo

アメリカの猫

ハロー ぼくジャコ!

i can has cheezburger

みてね!

ラブラドール犬 口の中の腫瘍

むさしくんは7歳になるラブラドールリトリーバーで、体重は40kg。
いままで大病もなく元気なものでしたが、ある日、血の痰を吐いたということで、
ハルペッツクリニックに来院されました。
7歳になって、心臓もたしかに悪くなっていたのですが、
問題は、口の中に腫瘍(できもの)ができていて、
それが、破れて血のかたまりとなったようです。
止血剤で処置したあと、漢方薬を処方して、一ヶ月で、腫瘍もなくなりました。
ただ心臓のお薬はこのままつづけることをお勧めしています。
今まで病気一つしなかった子も、7歳くらいから、
いろいろな病気がでてくる子も多いです。
Photo

猫の皮膚病 アトピー 好酸球性肉芽腫

猫(アメリカンショートヘアー)のショータちゃんは3歳です。
後ろ肢のももの所の皮膚病がなかなか治らず、
(ステロイドをうつと赤みやかゆみがなくなるが、また一月くらいすると再発する)
アトピーではないかと来院されました。
好酸球性肉芽腫(猫のアトピーみたいなもの)のようで、
まずは、前もうっている、長期作用型のステロイドの量をへらしつつ
漢方薬を投与し、だんだんと病気がでる間隔(注射をうつ間隔)をのばしていき、
1年たったいまは、もうステロイドの注射しなくてもよくなりました。
ただ、まだ再発がこわいので、漢方薬はのんでいます。というのも、犬のアトピーと同様に、猫の好酸球性肉芽腫にも、きっかけには、精神的な要因がかくれていることが多いので、そこをようく洞察して、診ていくことが大切になりますので、油断できないのです。(ショータくんは、飼い主さんのご病気が一因だと思われます)

Photo_2

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com