月: 2013年4月

脂肪織炎のダックス

ダックスのココちゃんは3歳。秋から、外科手術の傷口がなかなかふさがらず、脂肪織炎と診断され、ステロイドを飲んで抑えてきました。でもやはりステロイドをやめたいので、お正月あけに、漢方治療をしに来院されました。今ではすっかり傷口もふさがり、再発もなく、元気一杯です。

傷口もふさがりました。

柴犬のアトピー性皮膚病の脱ステロイド

柴犬のジョリファムは一才半の皮膚病で、もうステロイドとアトピカに依存する毎日でした。このままではと思い、漢方治療に来院されました。一ヶ月で、ステロイドもアトピカも、そして抗生剤までぬくことができました。あとは、しっかり体質を改善するために、漢方薬をつづけてもらっています。なにせ若いので、ステロイドにより免疫力が落ちるのも早いですが、漢方治療で免疫力が回復するのもはやかったです。

まずは一安心です。

猫の便秘と腎疾患の漢方薬治療

猫のリューちゃんは18歳くらいの老猫です。便秘のため他の動物病院で浣腸して便をだしていたそうです。腎臓も悪いので、それも含めて漢方薬治療をしに来院されました。便秘は、1月以内ですぐ治ってしまいましたが、慢性の腎臓の炎症は、継続して治療していく必要がありますよ。

コーギーのアトピーと花粉症

コーギーのクッキーちゃんは、アトピー性皮膚炎で、なかなかエリザベスカラーがとれませんでした。漢方でアトピーを治療し体質改善したので、今年は、いつもなる花粉症にもならず、エリザベスカラーなしでも大丈夫です。

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com