月: 2015年8月

ビションフリーゼの皮膚病

ビションフリーゼのマリンちゃんは、5歳。1歳の時から、皮膚病を繰りかえしてきました。ステロイドでは落ち着くのですが、また再発してしまいますし、だんだんひどくなってきたので、根本治療をしようと、舞鶴から来院されました。最初、漢方をなかなか飲んでくれなかったのですが、ちゃんと飲ますことができるようになったら、みるみるよくなり、半年たった今は、体質改善もすんだようで、綺麗な白い皮膚になりました。

2月の頃の初診時の背中

8月の背中

ご機嫌なようす

ダックスの皮膚病

これだけ暑いと皮膚も炎症をおこしやすいです。薬浴や抗生剤で簡単になおれば、それでよいですが、すぐまた再発して、それで治らないなら、ステロイドのような中毒性の薬をつかわないで、漢方薬で根本的に治療することをおすすめします。抗生剤も使わず、漢方薬のみで治療することをめざします。ダックスのマロンちゃんは11歳。顔やお腹、お尻の皮膚病の治療例です。高齢なので治りにくいですが、高齢だからこそ、内臓に負担のかからず、しかも内臓の治療にもなる漢方薬で治療をおすすめします。

2月マロンちゃん

 

6月のマロンちゃん:きれいに毛もはえました

漢方治療専門どうぶつ病院
ハルペッツクリニック東京
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目6−3
Tel:03-6804-3343
Fax:03-6804-3345
Email: info@harupets-tokyo.com

[総合どうぶつ病院/愛知・春日井]
ハルペッツクリニック
愛知県春日井市柏井町 5-92
http://www.harupets.com